Berita dan Cerita (°_°)

インドネシア語の勉強として色々な記事などを訳しています☆彡 お気づきの点をご指摘いただけるとうれしいです❤︎

(原文 https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/id/news/249890/)

座礁した日本の貨物船からインド洋に漏れた、1,000トンのうちおよそ半分以上の燃料オイルがまだ十分に集められていない。

事故現場の近くの島のモーリシャスの住民は、手作りのフェンスを使って、できるだけ多くのオイルを集めるのに苦労している。

大型貨物船わかしおは、去る7月25日にモーリシャスで座礁した。
その船は、長nhk.or.jp/nhkworld/id/news/249890/)
座礁した日本の貨物船からインド洋に漏れた、1,000トンのうちおよそ半分以上の燃料オイルがまだ十分に集められていない。

事故現場の近くの島のモーリシャスの住民は、手作りのフェンスを使って、できるだけ多くのオイルを集めるのに苦労している。

大型貨物船わかしおは、去る7月25日にモーリシャスで座礁した。
その船は、長鋪汽船が所有、管理し、当時は商船三井にレンタルしていた。

その船の所有者は、火曜日(2020年8月11日)、これまでに少なくとも460トンのオイルを回収した、と述べた。

海上のオイルは、珊瑚や鳥類などの生物を含む、自然環境を破壊しているようだ。

現地ボランティアが、海岸からオイルを遠ざけるために、海に乾燥した茎で作った袋を浮かせている。

日本や他国の何人かの専門家が、その清掃の努力に参加する予定である。

(原文 https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/id/news/249187/

長崎の生徒たちが、その都市の原爆投下75年追悼式典で、原爆犠牲者の魂にささげられる水を用意する。
その追悼式典は日曜日(2020年8月9日)に行われる予定だ。

その献上水は、爆発と放射線の暑さにやられて、水を求めることをあきらめた人々の魂を慰めるために、平和公園の祭壇に置かれるだろう。

土曜日に現地の小学校、中学校、高校の生徒3人が、この式典のために水を取る長崎市の5カ所の1つである、その公園の平和の噴水から水を汲んだ。
水を汲んだ後、生徒たちはその噴水にお辞儀をした。

コロナウィルスの蔓延のため、およそ500人だけ、つまり、通常の出席予想数のおおそ十分の一が、今年のその追悼式典に参加するだろう。

(原文 https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/id/news/249038/)

アメリカ合衆国前大統領のバラクオバマ氏が、広島と長崎の原爆投下75年を追悼する声明を発表した。

オバマ氏は、2016年に広島を訪問した最初の現職アメリカ大統領になった。

木曜日(2020年8月6日)に発表されたメッセージの中で、オバマ氏は広島の訪問は大統領としての在職時代の大きな功績の1つであった、と述べた。

彼は、我々はその地、その爆弾が落ちた地に、起きた破壊のスケールと、広島の復興の奇跡を見るために、立つべきだ、と述べた。
彼は、被爆者として知られ、自分の中に「その日」の記憶を持たらした生存者と会ったことを思い出す、と続けた。

被爆者は私たちに平和と、科学の奇跡が破壊ではなく建設のために使われる世界を実現する努力をあきらめないよう提案する、と続けられた。

オバマ氏は、現在の生存者の数が残り少なくても彼らからの記憶と模範は色あせることはない、と信じて胸を張っている、と述べた。

↑このページのトップヘ